このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
今日は為替相場も動いていませんので、
為替にまつわる小話をひとつ。

「自分がご飯を食べてる時に限って、値が動いてポジを持つ機会を失くした」
「自分がお風呂に入ってる時に限って、値が動いて含み益だったポジがいつの間にか含み損になっていた」

このように、自分が相場を見ていない時に限って、値が動きチャンスを逃したと思ったことありませんか?
 あるあると思われた方、それは何でもない事です。気にすることはありません。それは、
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
ずばり気のせいだからです。

   ●市場オープン時や指標発表の前後など値が動きそうな時は普通チャートの前を離れないはずです。
   ●普通為替チャートは、上がったり下がったりするのが普通で、狭い範囲で保ちあいになる可能性は低い。
   ●人はうまくいった時の喜びはすぐに忘れるが、失敗した時の事は、後で細かい所は覚えていなくても、後悔の念として長く残る(笑)。

これらの事から考えて、20分や30分相場から離れていれば、何がしかの動きはあって当然なのです。だから悪い事は早く忘れて、常に淡々と相場に向かうのがいいのではないかという話です。

もっとすごい話を期待されていた方スミマセン(笑)。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あるあるある、ホントそんなものですかねー人生は^^
今週もお疲れでしたー
2006/07/22(土) 19:37 | URL | 外為魔じょ #iC7BLkhw[ 編集]
そうですね。悪い事は忘れて、次への事考えた方が得ですよね。
2006/07/22(土) 21:10 | URL | サイゴウ #-[ 編集]
いやいや~よくあります・・・ちょっと息子の相手をしてるまにマイナスに転落なんて・・・
2006/07/22(土) 21:58 | URL | RUE #-[ 編集]
わたしもよくありまーーーすv-239
でも、とってもこの記事好きですe-68
悪いことはすぐに忘れるの得意です♪肝心なこともすぐ忘れますi-229
2006/07/22(土) 23:09 | URL | しぉRIX☆ #-[ 編集]
こんばんわぁ。最近、ロボットのようになっているので そっちが怖いです。笑
2006/07/23(日) 02:01 | URL | izumi #-[ 編集]
 私は中長期中心なのでこの経験はあまり・・・。(笑)でも、デイトレの方はイライラするでしょうね~!私も金曜ショートしたときイライラしましたもん。
2006/07/23(日) 09:30 | URL | FX大好きママことしましま #-[ 編集]
はじめた頃はそう思っていました。v-12
今は常に動いているのだからチャンスはまた来ると思っています。i-179
2006/07/23(日) 13:32 | URL | 為替一撃 #-[ 編集]
>外為魔じょさん
 人の行動心理を追ってみると、結構面白い発見があるので、楽しいです。

>サイゴウさん
 そうですね。特に為替取引では重要なファクターだと思います。それが、なかなか難しいのですけどね。

>RUEさん
 ありますよねー。でもくよくよしてはいけないのです(笑)。

>しぉRIX☆さん
 気に入っていただけて何よりです。そうですね。私も大事な事も忘れるのにブログにメモします!

>izumiさん
 おぉ、すごいマシーンのごとくトレードできるのですね。理想的ではないですか。トレードしない時は、しっかり人間に戻ってくださいね。

>FX大好きママことしましまさん
 なるほど。やはりトレードには精神的な要素も大きいと言う事ですよね。

>為替一撃さん
 そうですよね。私も、為替相場は続けてさえいれば、『チャンスはまた来る!』というのは、いい言葉だと思ってます。
 
2006/07/23(日) 19:17 | URL | VeryMerry為替 #6KJoQBxc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/37-e5290a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。