このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週は、サブプライム問題に関して、信用収縮を続伸させるような悪いネタも出なかったため、年末ということで、レパトリに絡む動きからドル買い戻しの動きが優勢となったようです。

週末の米雇用統計は、市場予想を上回り今週のFOMCで0.25%の利下げがほぼ確定的となったこともあり、珍しく大きくは動かなかったようですね。

ブッシュ大統領から、サブプライム問題への対応策として5年間の金利据え置きが発表されたようですが、これは本質的解決とはならないと思うので、中期的にはまだまだドル安傾向は続きそうです。

≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
しかし、今週はFOMCという大きなイベントが控えており、今週末から海外勢の市場参加者は減っていと思われるので、FOMC後に出される声明をが、ドル買いに動くものとなれば、今年ドル売りを続けてきた投資家の人たちが、これを機にポジクローズをしてドル買いの動きが加速するという可能性も高いと思うので、火曜深夜のFOMCは要注意でしょうか。

ポイントになるのは、ここまで数週間の間IMMポジションをみると、対ドルでは、ユーロ以外の通貨はドル買いの動きが優勢となっていますが、対ユーロだけは、平行線を保っているので、ユロドルが調整からドル買い優勢となれば、そこそこ値幅がでて他通貨ペアでもドル買い優勢となるので、そうなれば手持ちのAUD/USDポジも早めに決済&ユーロ売りを狙ってみようと思ってます。

対円通貨は、週末に中国が預金準備率を1%ポイント引き上げるというニュースが出されてるので、本日はじめは円買いの動きが優勢となるでしょうが、週末には日銀短観が予定されているので、FOMCの結果を見ながらどうポジるか考えようと思ってます。

今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/321-289b320d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。