このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週は、月末&第3四半期末を迎える中で、グリーンスパン前FRB議長の種々の発言もあり、ジリジリとドル安が進行し、ユロドルは新高値を更新し続けました。

一方で対円通貨はドル円以外は円安となり、目下の所従属的な動きとなっています。

今週も、サブプライムネタが出ないのか気にしながら、このドル安円安が続くかどうかの見極めが、もっとも大事な事だと考えています。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
そんな中、本日は日銀短観の発表があります。

サプライズを起こすほど、業況判断指数などの指標が強いものであれば、一時的に円買いとなるかもしれませんが、たとえなったとしても一時的との判断です。

木曜日には、BOEとECBの政策金利発表があります。先だってスウェーデン、ノルウェーの利上げがあったということもあり、特にトリシェECB総裁の声明には注目し、タカ派的な発言がでるか注目したいところです。

週末の金曜日には、米雇用統計の発表が控えています。前回がサプライズ的なマイナスだったので今回は反動もあって+ではあるでしょうが、今の所の予想が強気におもえる+10万となっているので、今回も米経済やインフレの動向を見る上で注目度は高いものと考えています。

今週は、重要な指標発表が割と順序だって並んでいるので、金曜日に向かって、順に見ていけばいいので、トレードはしやすいようにも思えますが、突発的なニュースには、気をつけたいところです。

米9月ISM製造業景気指数、米ADP統計など、対ドル通貨で短期売買を狙うチャンスもありそうなので、今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/307-89695fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。