このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週末はブッシュ大統領のサブプライム問題に対する救済策も限定的であり、バーナンキFRB議長の声明も「FRBは貸し手や投資家をFRBの政策の影響から保護する責任なし」や「必要であれば利下げを行う」などの発言もあり、利下げ期待から、米株価は上昇して引けたものの、結果的にはサブプライム問題の根深さを印象づけるものとなり、対円通貨の上値は重く、ドル円は急落前のもみ合いの下限値の117円どころか、116円ミッドあたりが重くなってきそうな気配ですね。

今週は週末に米雇用統計という一大イベントの他に、豪、加、ECB、BOEと各国の政策金利発表が予定されているので、各国の中央銀行トップの方々が、サブプライム問題に対して自国の政策金利を含めて今後どのような舵取りをするつもりなのか、その声明に注目したい所です。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
個人的には、サブプライム問題のネタが出れば、円高、フラン高というのは読めますが、対ドル通貨がどう動くのか今ひとつ予測がつきません。今年ドルを売ってユーロやポンドを買っている投資家やファンドはまだまだ多くあると思いますが、これらが「信用収縮」を嫌ってドル買い戻しになれば、ドル買い優勢となる気がしますが、今週予定されているFRB理事の声明で利下げを示唆する発言が出されたり、米経済指標の内容が悪くなれば、ドル売りの流れになると思われるので、結果的に今週も値動きが荒くそして早い相場になりそうです。

本日月曜日は、米関係の経済指標の発表はないので、先週末のブッシュ大統領の政策やバーナンキFRB議長の発言を受けて、為替市場が、どう反応するか、突発的なニュースに気をつけながら、短期売買を狙っていこうと思ってます。

今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/299-872721cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。