このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週の怒濤の円買いの動きも収まり、今週は総じて円安方向に相場が動き、私を含めてほっとされた方が多いのではないでしょうか。

GDP No.1の米経済がこければ、その影響は日本は言うに及ばず、世界各国に悪影響がでるのは火を見るよりも明らかなので、FRBをはじめ世界各国の中央銀行が、先週から色々手を打ちました。そのおかげで、ひとまずサブプライム問題に対する株価や為替相場は落ち着きを取り戻しつつあるかのように見えます。

しかし米版住宅バブルの崩壊と呼ばれる程、根の深い問題ですので、潜在的にローン返済が不可能になる人々がまだまだたくさんいることを考えれば、来年あたりまで、当分の間は、どこぞのヘッジファンドが破綻したとか、銀行が焦げ付きを抱えたなどというようなニュースが出回るたびに、この話が蒸し返され、はやり言葉になりつつある「信用収縮」から円やフランが買われる事になるのではないかと思ってます。

逆にこの問題に対して、米政府やFRBなどが、有効な政策を出してくれば、安心感が広がり、当面は円売りの展開になる可能性が高いので、今後の成り行きには是非注目していきたいと思います。

個人的には、サブプライム問題がなければ、円が弱いという状況は変わらないので、今週の値動きのように、円安になりやすいと思っています。10月の次回G7までは、現状の緩やかな円安が続き、「不均衡是正」の名の下に円安に対する牽制発言を出すよりも、むしろサブプライム問題に対して、各国が連係しあうというような声明で終わってくれたらいいなと皮算用をしているのですが、どうなるかはまだわかりませんね。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
今回の円高局面で、一般のニュースで取り上げられるほど、残念ながらロスカットや大幅な損切りをする事になった投資家の方が多く見られたようです。

為替王さんのブログでは、連日損失を出された方の話が載っていますが、為替相場を予想をする人気ブログの作者として、円高局面で、もう少しロスカットに対して警告を与える事を事前にされていてもよかったのではと個人的には思ってます。

レバレッジコントロールによる資金管理は、このブログでも何度か記事にしましたが、これに加えて、季節要因による為替変動など、考えながらトレードするのも有効なのではと思ってます。
こういう見方に興味のある方は、是非最強リンクさんの一連の記事をご覧くださいね。とても参考になると思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/296-c30f278d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。