このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
今週はポンドがらみの重要な経済指標や議事録公表など重要なイベントが多くあり、結果的に利上げ期待感継続のポンドが買われる展開となりました。
個人的にも、ブログに書いていたとおり、ポンドは下がったら買うのスタンスで買い持ちしていた、ポンスイ、ポン円の上昇でしばらくぶりに最高益を大きく更新することができました。

ただ、議事録も利上げ据え置き票が3名いたことと、キング総裁からインフレリスクは今がピークに近いというような発言もでている事から、年内あと1回は利上げが見込まれるものの、その後は指標次第なので、中期的には過剰な期待は持たずに「相対的な強さ」を考えながらポンドを見ていこうと思ってます。

短期的には、明日の2Q GDP速報値で当面のポンドがらみのイベントは終わるので、明日は週末という事もあり、利益確定の売りも出てくると思うので、ドル相場を見ながら売買しようと思ってます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
もう一つ気になる所は、NZDの動きです。
先だっての、為替介入から始まり、ここの所のNZ政府要人からの、NZD高牽制&NZD安必至発言です。
 思い起こせば、2005年12月の対円通貨の急落はNZDの売りから始まり、年が明けてからのNZDの暴落と、そのとばっちりを受けて同じく急落したAUDは、まだまだ私の記憶に残っています(AUDポジを損切りする羽目になったからかも(笑))。

現状はAUDの方は堅調ですが、要人からAUD高容認の姿勢が示されてはいるものの、NZDが下がれば相対的にはAUDも下がるのではないかと思ってます。タイミング的にもボーナスシーズンもピークを過ぎ、短期目的の投機家の人たちが売りを仕掛けるタイミングとしては、これから8月にかけて結構ありそうかなと、個人的には思ってます。

そういうわけで、来週のRBNZ政策金利発表など、大きなイベントの後など、仕掛けが入らないか、NZがらみのイベントにはしばらく注意していこうと思ってます。

今日もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/286-df67d2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。