このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週ブログで書いていた“夏休みネタ”のせいか、本邦祝日の月曜日のアジアタイムの為替相場は、円の売り手もなく静かでしたが、NYタイムでは、カナダドル買いが目立つ動きとなりました。

目下の所、ドルと円が安値を競い、欧州通貨は強含み、さらにオセアニア通貨とカナダドルは通貨高を競っている感じでしょうか。

相対的には、ユロドルの動きが遅いため、短期売買で仕掛けるにはいい相場ですが、ポンスイなど対フラン通貨で大きく動く事を待っている身にはじれったい相場となっています。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
今週は、英、カナダ、米6月消費者物価指数の発表がありますが、住宅問題、テロ問題を抱える米については、弱ければ売られ、強い内容となってもスルーとなる可能性が高いと思ってます。

英ポンドについては、他に今週はBOE議事録、2Q GDP速報値など発表が予定sれているので、年内利上げが意識される展開となる限り、下がれば買いのスタンスでトレードしようと思ってます。

そしてカナダドルは、当面の金&原油高を背景として、カナダドル高が続いています。ドルカナは、節目と考えられていいた1.05を軽々と割ってしまっているので、政治的意図を含めて1.0を目指していくのか、しばらくは注目していこうと思ってます。

今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/285-5ee00bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。