このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週末の米雇用統計は予想より強いものとなりましたが、目先の英&イラクのテロ問題や原油価格の高騰により米経済動向が先行き見通せない情勢やECB理事によるユーロ高許容の発言もあって、発表直後はドル買いとなりましたが、NY引けにかけてはユーロをはじめ欧州通貨買い戻しの動きが優勢となりました。

そんなドルのでしたが、円に対してはドル高となり、クロス円も含めて円全面安で引けました。

目下の所、EUR/USDがレンジの上限付近、AUD/USDなどが高値更新中と今週は対ドル通貨ペアで注目したいものが多いですね。

そんな中、今週は10日にカナダの12日に本邦の政策金利発表がおこなわれます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
円に関しては、来月の利上げが織り込まれつつあるため、福井日銀総裁の発言には注目したいところですが、よほど強気な発言でなければ、他通貨との金利差に加えて参議院選挙前である考えると、円買いにはなりにくいのではと思ってます。

もう一方のカナダに関しては、季節要因ともいえる米での需要を見込んだ原油高に加えて、好調なカナダ経済を後押しとして、利上げが織り込まれています。現在の所カナダドル高に関して、当局要人から懸念の発言もないため、さらなる利上げがにおわす声明がでれば、カナダドル買いになると思われるので、是非注目したいところです。

個人的には対円通貨の他、ユロスイ、ポンスイのロングポジを持っているので、これらの上昇を期待しつつ、テロなどの突発的なニュースや各国要人発言に気をつけながら、今週は対ドル通貨でトレードを目指そうと思ってます。

今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/282-1acfe8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。