このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
昨日のBOE、ECBの政策金利発表はどちらも今後の利上げ継続を示すものでしたが、ポンドもユーロもここのところ上昇してきており、折込済みということもあり、声明発表後の上昇も一時的でした。その後米6月ISM非製造業景況指数が何ヶ月ぶりで強いないようとなったこともあり、目下のところレンジ内での三つ巴状態となりつつあります。

先日のポールソン米財務長官によれば、米住宅問題も克服しつつあり、今後の米経済の動向次第で、ふたたびドルの金利利上げとなれば、為替相場もまた動きそうなので、どちらにレンジブレークするかユロドル、ポンドルの動きには注目したいところです。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
そんな中、今晩はカナダと米の雇用統計が発表されます。
昨日発表されたADP雇用統計からすると、ここ3ヶ月ぐらいは、かなり相関のある変動の仕方をしており、結果もそこそこ強いものではないかと個人的には思っています。弱い内容であっても、市場予想との食い違い度以外にも絶対数も今回は重要ではないかと思っており、10万人を超えれば、それほどドル売りにはならないように思ってます。

もう一方のカナダも米と関係が深く、目下のところ景気は上昇中なので、できればユーロカナダ、カナダフランあたりで短期売買を狙いたいと思ってます。

今週ももう一日がんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Market Analyze
株、日経225先物、為替のテクニカル分析、サイクル分析情報配信 -マーケットアナライズ-

http://mainvestment.net/

相互リンクをお願いいたします。

こちらにリンクしておきました。
http://mainvestment.net/?page_id=20

よろしくお願いいたします。


Market Analyze管理人
2007/07/07(土) 21:51 | URL | Market Analyze #-[ 編集]
>Market Analyze管理人さん
はじめまして。相互リンクのおさそいどうもありがとうございます。こちらもリンクはらせていただきましたので、今後もよろしくお願いします。
2007/07/09(月) 03:06 | URL | VeryMerry為替 #6KJoQBxc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/281-f9cbb9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。