このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
水曜日のBOE議事録は5対4の僅差で据え置きということがわかり、来月5日に予定されているBOE政策金利発表までは、当面ポンドは強含む可能性が高いと思います。

一方カナダ4月小売売上高は、前日の卸売上高に引き続き弱い結果となり、格好の短期売買のきっかけとなりました。
対ユーロおよび対ドルで現在のレジスタンスを超えられるか、いよいよ注目したいところです。個人的には、来週のFOMC、来月5日のECB政策金利発表、そして、来月10日に予定されているBOC政策金利発表を目途に、チャートを見ながら、ロングポジを増やしていこうと思ってます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
ドル円は今週123円60銭前後をうろうろしていますが、上値も下値も堅そうな展開となっています。本日は夕方の独6月IFO業況指数とその後のユーロ圏4月製造業受注以外、経済指標の発表が予定されていないので、これらの指標で、ユロドルがどの程度動くかをみながら、今週少しずつポジったユロ円、ポン円、豪ドル円といった手持ちの対円通貨を決済するか、持ち越すか決めようと思ってます。
基本的には、ドル円が上値を更新しなければ、週末要因を避けるために対円通貨ロングのポジ解消から、先週末のようにNY引けにかけては対円通貨は売られやすいので、悩むところではありますね。

今週ももう一日がんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/275-9163711c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。