このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
火曜日のカナダ政策金利発表前に、メインの取引先であるFX Onlineのシステムダウンがありました。このせいと言ってしまえば簡単なのですが、結果的にドルカナダショートは、当日指値を変更せず、浅い所で決済してしまい、大きく利を伸ばすことはできなくて、為替取引の難しさを改めて実感しました。

さて、次回声明を受けて次回利上げが期待されているカナダドルは、今晩第1四半期GDPなどの指標があることもあってか、ドルカナやユロカナダのチャートを眺める限り、まだ下値を探る方向にあるので、ロングポジは、もうしばらく様子を見ながら買っていこうと思ってます。

昨日あたりから“「各種外貨型投信・定期など」の商品発売と利払い”があり、その思惑から対円通貨も上下を繰り返している感じです。中国や米の株価の下落から、2月末のような為替変動が起こってもおかしくない雰囲気の中で、起こらなければ円安継続の流れは、少なくとも来月の日銀金利政策発表の日までは、変らないとの見方から、昨日の下落で、ユロ円、ポン円を買い込みました。今日の値動きを見ると、投信に絡んだ動きからオセアニア/円のロングポジを買うのが、一番の正解であったようですが、今後の値動きに期待です。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
さて、ここの所のカナダドルの派手な動きで、色んなかたがたのブログでも取り上げられることが多かったようですが、個人的に来月14日に政策金利発表が予定されているスイスフランの値動きに注目しています。目下来週のBOEとECBの政策金利発表を控えていることもあり、少しずつフラン買いの動きとなっていると思います。14日には利上げも織り込む向きもあり、今後の値動きには注目です。

今日もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/266-d37b211e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。