このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
今朝未明に発表されたFOMCでは、FRBによるインフレに対する姿勢が「追加引き締め」という文言が取り除かれ弱いものになった事から、6月限のFF先物レートでは、50%近く利下げを織り込みつつある状況から、ドルは急落し、ユロドルも長い間レジスタンスとなっていた1.335を上抜けました。
 一方のユーロも当面はインフレが落ち着く見通しで、次回利上げがいまひとつ不明なこともあってか、現在はひとまずの利益確定の動きに押されている感じでしょうか。

注目のBOE議事録では、利上げ賛成者がいるどころか、利下げに1票いれた委員がいたため、直後はポンド売りとなりましたが、市場心理として過去の議事録よりも、直近の強い消費者物価指数などの経済指標に期待して、ポンド買いを進める方が優勢となりました。個人的には下げた所で、ポンドル、ポンスイ、ポン円どれを買うか一瞬迷いましたが、スワップの大きいポンド円を買いました。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
今日は22時20分から、バーナンキFRB議長の講演が予定されているそうなので、FOMC直後ということで、為替や住宅問題などに言及されるかもしれないので、為替ニュースに注目しておこうと思ってます。

今回のFOMCを経て米株価は素直に上昇したことから、2月終わりから始まった、株価下落騒動に絡む為替の変動はほぼ終わったと見ていいかと思います。今の相場は、昨年4月末のG7後の値動きに近い気がします。

3月終わるまでは、ドル円は上昇しにくいと思いますが、今日117円を割れなかったことから、円安トレンドも再び定着しつつあるのかと考えてます。

今日もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/240-9bfbe10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。