このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
個人的に注目していたスイスの金利政策発表でしたが、織り込み済みの利上げと声明でもフラン安に伴うインフレ懸念は示されたものの、今年のインフレ見通しは若干の+修正に終わった事で、一段のフラン高にはなりませんでした。これから、スイス当局は金利よりも、自国通貨安による輸入に関する障害を懸念しているのがわかりますので、今後ユーロの利上げが続く限りフランも利上げが続く可能性が高いということになるかと思います。

一方で、今晩のNYタイム開始時に、米株価が下がると、再び円買い、フラン買いの動きが台頭してきて、本日の米経済指標などは無視された格好となり、市場はまだまだ過去の結果である経済指標よりも現在の株価に左右されやすい状況が続いていることがわかりました。
現在は、米株価も持ち直しているので、円安、フラン安になっているようです。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
来週はいよいよ日銀政策金利発表があるので、最近現実味を帯びつつある7月の参議院選挙前の利上げが、福井総裁の声明の中で出てくるのか注目したいところです。

またドル安に反応しやすいので、弱い米経済指標やイラン問題の成り行きには注意したいところです(北朝鮮がゴネてくれると円安になるかもしれませんが)。

今週ももう一日がんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/236-45b7d627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。