このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
昨日のポールソン米財務長官の円安懸念に関する発言から、本日も円買いが進行し、対円通貨は下がり続けました。
 ただ米国が現状で一番気になる為替相手国は中国である事は間違いなく、その中国相手に今のブッシュ政権では、ただでさえ強い事は言えない上に、来月に北朝鮮問題のための6カ国協議を控えている現状では、G7で中国に対して強く迫る声明が出る事はないとの判断です。
 今の状況では、経済状態がそれほど悪くない米国が円に圧力をかけてくる可能性は低いので、G7まではやはり欧州サイドからの発言にもう少し注目したいですね(今晩本邦サイドから藤井財務次官によるとりなしの発言がでてました)。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
さて、注目のドル円ですが、先ほど発表された米1月ISM製造業景況指数が景気判断の境目となる50を割り込んだ事から、120円20銭のストップをつける動きとなりました。現在は120円半ばまで戻していますが、先月25日のドル円下落の際、踏みとどまったこのサポートラインがいったんは破られたので、もう一度下値を動きとなれば、120円割れも起こりやすくなったと思います。

明日は、世界中の投資家が注目するであろう米雇用統計の発表があり、しかも週末という事で、市場参加者も多いであろう事は想像に難くないので、もし指標内容が弱いものとなれば、120円を割れる事は十分に考えられるので、十分に自分のポジションを整理してからトレードに挑みたいですね。

雇用統計や来週木曜日にBOEとECBの政策金利発表など大きなイベントを控えて、スイスフランが買われているようです。ユーロ圏の経済状況も良さそうなので、今日の下落でユーロフランを買い増してみました。長く持てるポジになってくれるといいのですが。

明日(今日)もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/214-c7a478d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。