このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
昨晩のユーロ圏財務相会合での円安懸念発言や、今晩の独財務相によるG7での円安協議の話から、再び円買いの思惑が出てきているようです。
とは言っても、明日水曜日は、各国の重要指標が目白押しに加え、木曜日早朝にFOMCにて、米政策金利発表がなされるため、今の所大きく動きがないようです。
 指標の発表予定表を見ると明日はよくこれだけそろったものだと感心するほど、各国の経済指標の発表がそろっています。これまでの経験からすると、かえって指標の数が多いと、重要指標と思われるものでも思ったほど動かない事もあるので、自分がトレードする予定の通貨関連のペアに絞って値動きを見る方がいいのではないかと思ってます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
明日の主役はなんと言ってもFOMCでの政策金利発表後の声明だと思います。ここで、落ち着いてきた住宅関連指標と賃金上昇からくるインフレ懸念を鑑みて、利上げに対して強気な姿勢を示すのか、従来通りのソフトな内容になるかで、ドル買いになるかドル売りになるか分かれるとの判断です。その前の22時半からの4Q 実質GDP(速報値)を初めとする一連の指標内容や、24時から予定されているポールソン米財務長官の議会証言などで、どの程度ユロドル、ポンドルの値が動くかまず注目しようと思ってます。
 もう一つユーロ圏、英の指標もあるので、ユーロポンドの値動きも見ておくと、ユロドルの上値を予想する上で役に立つだろうと思ってます。

明日は一日相場から目が離せませんが、気合いを入れてがんばりましょう。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/212-7682fe51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。