このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
今晩はよく値が動きましたね。
少ない経済指標の発表が予定されている中、ロンドンタイムに入って、発表されたユーロ圏11月製造業受注(ひまわり証券の週間カレンダーには、載っていなくて、羊飼いさんも△マーク)が予想より強い結果を受けて、その後ユーロの金利に関する強気な要人発言も後押しして、ここの所弱含んでいたユーロが買い戻される結果となりました。
 ポンドに至っては、この後押しもあってかポンドル、ポン円が新高値を更新して、今日も強かったですね。

期待のカナダドルは、指標内容よりも昨晩のラトIMF専務理事から、2007年の原油価格が1バレル=52ドルから54ドル程度という発言が出たため、一気に1円程度下がってしまいました。しばらくは様子見になりそうです。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
さて、明日(もう今日ですが)はいよいよ18時30分よりBOE議事録と4Q GDP速報値の発表があります。前回は9対0で金利据え置きを決定されていたものが、今月のいきなりの利上げですから、その内訳人数も値動きを左右しそうですし、議事録内容でさらなる利上げが言及してあれば、ポンド買いが加速しそうです。同時発表のGDPも速報値ですので、あわせて注目したい所です。ブッシュ大統領の一般教書演説よりもインパクトありそうなので、是非注目してみたいですね。

今日は気合いをいれてがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/207-82146beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。