このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
昨日の為替相場は、すごかったですね。
ドル円120円突破からはじまり、BOEによる前回に次ぐサプライズ利上げさらにユロドル1.29割れと、当分記憶に残りそうな一日となりました。

それにしてもBOEには驚かされますね。
 年初あたりにMPC委員あたりから英国のインフレ率は今後下がる見通しの発言があり、さらに色々な会社の予想をみても利上げの可能性には触れていなかったので、まさか今年に入っていきなりの利上げはないだろうと思っていたので、ノーマークでした。家に帰ってからチャートを見るとなにやらポンスイやポン円のチャートに青い棒ができているので、その時あぁまた利上げがあったなと思いましたが、その時は手持ちのポンスイはすべて早々と指値に達して決済されていました(惜しい!)。幸いポンド円はリミットつけずに持っていたので、現在も保有しています。

このBOEの利上げに連れ上がりしたのがユーロでしたが、こちらは注目のトリシェ総裁の発言の中で、インフレに警戒はするものの、肝心の来月利上げすることを示唆する発言がなかったため、今日もここまでユーロ売りに傾いています。BOEの利上げがなければ、もっと素直にユロドルも急落したはずですが、この影響もあってじわじわ下落したこともあって、2度ユロドルショートで短期売買をしましたが、それほど多くの利益は上げられませんでしたが、クロス円の上昇のおかげで手持ちのポジの含み益はかなり増えています。

さて、こうなってくると今晩の注目はなんといっても22時半からの米12月小売売上高などの経済指標でしょう。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
昨日のECBの金利政策後を見ての、今日の指標ですから強い内容となれば、ドルが一段高となる可能性は高いと思われます。よほど弱い内容でない限り、ドル買いの流れはまだしばらく続くと思いますが、短期的にドル円が121円突破、そして2005年12月の高値121円40銭を目指すには、今晩の米経済指標は重要だと思います。

来週はいよいよ日銀金利政策発表があるので、利上げはない事を前提に本邦経済指標や利上げのうわさで円が買われる事があれば、押し目を狙って円を売っていこうと思ってます。

今週もあと1日がんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/197-c0a47085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。