このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
本日の東京タイムでは、各国の小粒の指標やネタとして古い感のする本邦金融政策決定会合議事録(10月開催分)などがありましたが、23日の米感謝祭や本邦勤労感謝の日という祝日を控えて、為替相場の値動きもやや円売りに傾いているというぐらいで、ロンドンタイムに入っても大きな動意はないようですね。

そんな中、昨日のブログで書いたように今晩は22時半からカナダの9月小売売上高と10月景気先行指標指数の発表があります。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
昨日の9月卸売売上高の結果が予想値よりも大幅に悪化していたため、今晩の小売売上高の内容も弱いものだと考えられますが、為替取引会社の予想値を見て、ばらつきがある事がわかりました。

いつもよく見るひまわり証券が-1.0、結果の保存用として使っている外為どっとコムが-0.4、英のマイナーな指標や南アフリカの指標チェックに使っているINV@STでは-0.8でした。経済指標を予測する会社によってばらつきがあるのはわかりますが、結構まちまちなのには驚いてしまいます。
 そうすると各社の予想値を斜めに見るのは危険で、自分で指標の予測をする時はどれか一つの会社を基準にデータをとっていかないとうまく予想できないという話ですね。
 為替会社によって、掲載されている指標の数・種類も異なり同じであっても予想値は違う事があるというのは、混乱しそうなので、自分でうまく整理していかないといけないという事ですね。

今晩の9月小売売上高は昨日の卸売売上高の結果をふまえれば、市場予想値よりは弱い内容になる可能性が高いですが、同時に10月景気先行指標指数の発表もあるので、こちらも弱ければカナダドル売りになると思いますが、まちまちとなるとどちらに引っ張られて値が動くかわからないので、動き出してから短期売買を仕掛ける方が安全かもしれませんね。

今日もがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
突然の訪問失礼します。
この度新しくランキングサイトを開設しましたので、
アクセスアップのためにお使いください。
登録サイトが少ない今がチャンスです!!
http://rank-net.jp/mr250/
2006/11/21(火) 23:08 | URL | ミスター #-[ 編集]
カナダ昨日も弱かったですね。
今日も注目ですね。
2006/11/22(水) 15:50 | URL | 為替一撃 #-[ 編集]
>ミスターさん
 お誘いどうもありがとうございます。しばらく考えさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

>為替一撃さん
 カナダも弱いですが、米ドルも弱含んでますね。来週の休み明けあたりの動向を見て円高トレンド突入か見極めたいですが、個人的にはまだと思ってますし、まだなってほしくないです(笑)。
2006/11/22(水) 20:10 | URL | VeryMerry為替 #6KJoQBxc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasefxblog.blog66.fc2.com/tb.php/159-ce8fd63e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。