このブログは、為替差益を狙ったトレードを行うために、ファンダメンタル分析を中心に日々勉強して得た知識や自分の為替相場観をつづるブログです。
はじめに
 これから、ますますの内容充実を目指しますので、応援よろしくお願いします。

トレードスタイル
トレード方針


私の使っている取引会社について
  Saza Investment(サザインベストメント) 魅力いっぱい、その秘密は!?
狭いスプレッドで手数料無料、豊富な情報量、そして反応の早い取引ソフト。FX中級者を目指すならココです!!
クリックで、ユーザーの視点での感想が開きます

  FX Online Japan(エフエックスオンライン)
スプレッドは広めですが手数料無料、わかりやすい明朗会計、レート読み上げ機能はおもしろいです
クリックで、ユーザーの視点での感想が開きます
 
為替情報などなど
 気になるサイトがありましたら、クリックしてみて下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む

もっとブログ為替情報を探したい方! 為替ブログランキングでどうぞ
スポンサー広告 | Page Top↑
先週末の米雇用統計の結果は、事前に織り込まれていたとおり、強いもので、前回のマイナスとなった結果も+に強く修正され、サプライズを引き起こしました。

とはいうものの、発表直後の激しいドル買いの勢いもすぐに止められ、NY引けでは押し戻された形となり、サブプライム問題からくる米経済の動向に対する不安や金利先安感が根強い事が伺えます。

そんな中、今週は水曜日未明に前回0.5%利下げを実行したFOMCの議事録の公表、そして木曜日には本邦日銀政策金利決定会合があります。
月末のFOMCで追加利下げがまだまだ織り込まれている中ですので、議事録の内容によっては、NY株価が動き結果的にドル相場も動くことになりそうです。

この議事録の中で、利下げに前向きな事がわかれば、福井総裁も利上げは当分断念するでしょうが、米の金利が据え置く方向とわかれば、利上げに前向きな発言も出る可能性があるので、この議事録の内容は注目したいところです。
≫ちょっと気になる為替ブログの続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。